やさしい靴工房 Belle&Sofaの公式ブログです

ベル&ソファのブログ

社長のお話 靴作りのあれこれ

高山社長に聞く「MFレザーにこだわる」その1

更新日:

MFレザーONLYに辿り着いた経緯 第一章

ベルの商品は主にMFレザー(マイクロファイバーレザー)

を使用しておりますが何故こだわり続けているのか・・・

創業者の弊社高山社長へインタビューをいたしましたので

皆様へお伝えいたします(^^)/

 

※前提として合皮と呼ばれる合成皮革の中にMFレザーも含まれ

それらは人工的に革に似せて作られた人工皮革などとも呼ばれます。

 

まずMFレザーとの出会いは25年程前…

仕入れ先トヨタの子会社共和レザーさんから

「いい生地がありますよ~!!」と、勧めていただきました。

車のシート、家具等に使用している合成皮革を

メインで扱っており品質の良さは分かっていましたが

まず第一声は「高い!!」( ゚Д゚)。。。

 

その頃、一般的な合皮は厚みが0.6mm~0.8mmのため

必ず裏材(不織布)を使用していましたが、

MFレザーは1.2mmの厚みがあり生地1枚で使用出来るので

シンプルな靴を切りっぱなしで作成。

 

MFレザーでヒット靴が生まれました!!

そして定番品が2型出来た事で勢いがつき、

継続して新作の靴に使い続ける事になります。

その頃の合皮は1m2,000円~2,400円、

MFレザーは1m3,500円、値段だけで見ると

やや高額なように思えます。

確かに合皮としては高額でしたが裏材を使用しなくても良かったため

妥当な金額だと考えました。

 

しかし、合皮の靴は当時メーカー小売り価格3,900円~4,900円。

3,900円で靴を大量に作る会社も沢山ありました。

4900円までの販売価格が限界だと言われる中

他社が使用しておらず敵が少ない新しい合成皮革を使用し

常識を覆す5,900円で販売。

するとこれがなんとヒットしました!(^^)!

こうしてついに…

安物大量路線からお別れし高級路線へ挑戦する事となります。。。

第二章へ続く

 

MFレザーの詳しいお話はこちら↓↓

 

お客様対応・とん

+1

-社長のお話, 靴作りのあれこれ

Copyright© ベル&ソファのブログ , 2021 All Rights Reserved.